妊娠

胎児の心拍・心音はいつから確認できる?【体験談あり】

悩んでいる人
悩んでいる人
初診で心拍や心音が確認できなかったけど、いつから確認できるの?心拍が確認できた後の流れは?自宅で心音を聞く方法があれば知りたい!

このような疑問にお答えしていきます。
 
 
 この記事の内容

・心拍・心音はいつから確認できる?
・心拍が確認できた後の大まかな流れ
・自宅で心音を聞く方法2選

 
 
 この記事の執筆者

aoi
aoi
この記事を書いているaoiは、働きながら2歳の息子を育てているママブロガーです。自身の妊娠(妊活~出産)・育児の体験談、お役立ち情報などをメインに執筆しています。

 
みなさんは、妊娠が確定するには心拍の確認が必要ということをご存じでしたか?
 
 
私が妊娠していた当時はそのことを知らず、エコーで胎嚢(たいのう)が見えたら妊娠が確定するものと思っていました。
 
 
そのため、担当医から「心拍が確認できないから2週間後に来てね」と告げられたときはとても不安になり、心拍はいつ確認できるものなのかとひたすらネットで調べる日々を過ごしました。
 
 
そんな不安だった当時を思い出しながら、私の妊娠当時の体験も交えながらお話ししていきます。
 

心拍・心音はいつから確認できる?


 
ここでは、胎児の心拍と心音がいつから確認できるかについてお話しします。
 
 
まずは心拍ですが、心拍が確認できるのは早くて妊娠5週後半から、私の当時の担当医が言うには、妊娠6~7週頃に心拍が確認できるケースが多いということでした。
 
 
また、心音の方は妊娠12週以降に確認できることが多いようです。
 
 
私の場合は妊娠5週5日に初めて産婦人科を受診しまして、このときのエコー検査では胎嚢は見えたものの赤ちゃん自体が写っておらず、心拍を確認することができませんでした。
 
 

妊娠5週5日のエコー写真

 
 
そして妊娠7週6日のエコー検査で、キューピーのような形の赤ちゃん(胎芽)とチカチカ点滅する心拍を確認することができました。
 
 

妊娠7週6日のエコー写真

 
 
また、先ほど心音の確認は妊娠12週以降が多いとお伝えしましたが、私の場合は運よく妊娠7週6日の時点で心音を聞くことができました。
 

心拍が確認できた後の大まかな流れ


 
 
ここでは心拍が確認できた後の流れについて、簡単にお話します。
 

心拍が確認できた後の大まかな流れは以下のとおりです。

 
 心拍が確認できた後の大まかな流れ

①:出産予定日の確定
②:分娩予約
③:妊娠届出書の提出
④:妊婦検診の開始

 
1つずつお話ししていきますね。
 

①:出産予定日の確定

 
出産予定日が確定するのは、妊娠9~10週頃と言われています。私の場合は妊娠10週3日でした。
 
 
出産予定日は最終生理開始日と生理周期だけでなく、胎児の大きさも考慮して決定されるようです。
 
 

出産予定日の詳しい決め方については【出産予定日はいつわかる?出産予定日の決め方をエコー写真で解説】で解説していますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

②:分娩予約

 
出産予定日が確定すると、分娩予約ができるようになります。
 
 
一般的に分娩予約は出産予定日が決まってから行うことが多いと思いますが、産婦人科によって差がありますので、通院中の産婦人科にご確認ください。
 

産婦人科によっては妊娠5週頃から分娩予約をおこなっているところもあるようです。
この場合は最終生理開始日から計算した仮の出産予定日で予約がおこなわれるものと考えられます。

 
分娩予約は争奪戦ですぐに枠が埋まってしまうので、いつから予約が始まるのかを早めに確認しておきましょう
 
 
また、分娩予約をするにあたって予約金が必要な場合もありますので、予約金についても併せて確認しておくと予約開始とともにスムーズに予約を取れるかと思います。
 

③:妊娠届出書の提出

 
出産予定日が確定したら、産婦人科から妊娠届出書を提出してくるよう指示があります。
 
 
お住まいの自治体に妊娠届出書を提出し、母子手帳、妊婦検診の補助券、マタニティマークを受け取りましょう
 
 
※妊娠届出書の提出時期については産婦人科によって異なる場合もあるので、通院中の産婦人科の指示に従ってください。
 

④:妊婦検診の開始

 
 
出産予定日が確定したら、次回の受診から妊婦検診が始まります。
 
 
妊婦検診を受けるためには、母子手帳、妊婦検診の補助券が必要になりますので、事前に準備しておきましょう。
 

「③:妊娠届出書の提出」でお伝えしたとおり、お住まいの自治体で妊娠届出書を提出すると、母子手帳、妊婦健診の補助券がもらえます。

 
妊婦検診は出産予定日までに計14回ほど受けることになります(補助券も14回分もらえます)。
 

aoi
aoi
私の場合は出産予定日より約1週間早く出産したので、補助券が余りました。

 

自宅で心音を聞く方法2選


 
最後に、自宅で心音を聞く方法を2通り紹介して終わります。
 
 
妊娠12週以降から産婦人科に通う頻度が、4週間ごとになります。とても長いですよね
 
 
胎動がまだ感じられない時期なので、次の検診まで赤ちゃんが生きているのか不安になる方は多いと思います。
 
 
また、現在ではコロナの影響で旦那さんの付き添いNGというところも多く、旦那さんが心音を聞けていないという悲しい状況もあると聞きます。
 
 
そんな方々に向けて、次の2つの方法をご紹介します。
 
 
 自宅で心音を聞く方法2選

①:妊娠12週頃から使える「胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ」
②:妊娠30週頃から使える心音アプリ「ベイビーリンク」

 
1つずつお話ししていきますね。
 

①:胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ

 
自宅で心音が聞ける方法の1つめは、「胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ」を使う方法です。
 

 
 
こちらは妊娠12週から使用可能となっていますが、商品レビューを見ると妊娠12週以前から使用して心音が聞こえたという方もいました
 
 
胎児超音波心音計をいろいろと調べてみましたが、エンジェルサウンズが一番メジャーなようで、妊娠12週という早い時期から使用できるものは他にはなさそうでした。
 
 
エンジェルサウンズには専用の超音波ジェルがありますが、お手持ちのボディクリームや保湿液などを使っても問題なく心音が聞こえるそうですよ。
 
 
持ち運びに便利なミニサイズも販売されています。
 

 
 
お値段はしますが、「早い時期から赤ちゃんの心音を聞いて安心したい」という方にはとてもおすすめです。
 

②:妊娠30週頃から使える心音アプリ「ベイビーリンク」

自宅で心音が聞ける方法2つめは、心音アプリの「ベイビーリンク」を使う方法です。
 

baby Link ベイビーリンク

baby Link ベイビーリンク

LINK-DELIGHTO, CO., LTD.無料posted withアプリーチ

 
「ベイビーリンク」は妊娠30週頃から使用可能で、胎児の成長記録をつけたり、胎教音楽を聞かせたりすることができるアプリです。
 
 
レビューを見ると、早い人で妊娠20週頃から心音が聞けたという方もいました。
 
 
先ほど紹介した「エンジェルサウンズ」よりは使用時期が遅く精度もやや低そうですが、無料でインストールできるので気軽に試すことができます
 
 
ベイビーリンクのほかにも無料の心音アプリ、有料の心音アプリが複数出ていますので、自分の使いやすいものを探してみてくださいね。
 

まとめ


 
最後に、この記事でお伝えしたことについて簡単にまとめます。
 

・心拍は妊娠6~7週頃に確認できるケースが多い。
 
・心音は妊娠12週頃から確認できるケースが多い。
 
・心拍が確認できた後の大まかな流れは以下のとおり。
 ①:出産予定日の確定
 ②:分娩予約
 ③:妊娠届出書の提出
 ④:妊婦検診の開始
 
・自宅で心音を聞く方法は胎児超音波心音計、心音アプリを使うのがおすすめ。
 (本文に商品やアプリの紹介あり)

 
以上です。お読みいただきありがとうございました。