妊娠

排卵検査薬ドゥーテストで排卵日を確認した体験談【陽性画像あり】

プレママさん
プレママさん
排卵日検査薬というものがあると聞きました。どのような結果のときにタイミングをとると良いかなど、排卵日検査薬を実際に使った人の体験談を聞きたいです。

 
このような疑問にお答えしていきます。
 
 
 この記事の内容

・排卵検査薬とは?
・排卵検査薬はどこに売ってる?
・排卵検査薬のタイミングの取り方(ドゥーテストの場合)
・排卵検査薬ドゥーテストで排卵日を確認してみた【陽性画像あり】

 
 
 この記事の執筆者

aoi
aoi
この記事を書いているaoiは、働きながら2歳の息子を育てているママブロガーです。自身の妊娠(妊活~出産)・育児の体験談、お役立ち情報などをメインに執筆しています。

 
この記事では、排卵検査薬についてお話します。
 
 
私は今2歳半になる息子がいまして、そろそろ2人目の妊活に向けて動き出そうかなと思い始めているところです。
 
 
そこで今回はずっと気になっていた排卵検査薬を実際に使ってみまして、自身の排卵日を確認してみました。
 
 
排卵検査薬をこれから使ってみようと思っている方に向けて、排卵検査薬の使い方から判定の見方などを分かりやすくお伝えしていきたいと思います。
 

aoi
aoi
今回はドゥーテストで試してみました。排卵検査薬の判定結果だけ見たいという方は目次から「~排卵日を確認してみた【陽性画像あり】」に飛んでくださいね。

 

排卵検査薬とは?

 
排卵検査薬の正式名称は「排卵日予測検査薬」といいます。
 
 
排卵検査薬は尿中のLH(黄体形成ホルモン)の濃度の変化を見て、排卵日を予測するものです。
 

出典:ロート製薬公式サイト
 
 
上の表のように、排卵日の直前にLHの濃度が急激に上がって、その後に減少していく過程で排卵が起こるそうです。
 
 
排卵検査薬はLHの濃度が濃いと陽性になるので、理論的には排卵日前後に陰性→陽性→陰性という反応が見られることになります。
 
 
排卵検査薬で陽性が出るとまもなく排卵が起こるというサインでして、ドゥーテストの場合は陽性が出たタイミングが排卵日の約1日前となるようです。

aoi
aoi
海外製の排卵日予測検査薬だと排卵日2日前を予測できるものもありました。

 

排卵検査薬はどこに売ってる?


 
つづきまして、排卵検査薬がどこに売っているかについてお話しします。
 
 
排卵検査薬は第一類医薬品となりまして、薬剤師の説明を受けた上で購入しなければなりません
 
 
そのためドラッグストアの場合は、薬剤師のいる店舗で購入できるようです。
 

aoi
aoi
店舗に必ず在庫があるとは限らないので、店舗を訪れる前に電話で確認したほうが良いと思います。

 
 
ネット購入の場合は、購入ボタンを押したあとに薬剤師からの説明内容(文章)を確認しまして、承諾ボタンを押すという流れで購入できました。
 

aoi
aoi
私は楽天市場のツルハドラッグで購入しました。たまたま安かったので。

 
 
どうしてもすぐに欲しいという場合でなければ、ネット購入の方が便利だと個人的には思います。
 

排卵検査薬のタイミングの取り方(ドゥーテストの場合)

 
つづきまして、排卵検査薬のタイミングの取り方についてお話ししたいと思います。
 

aoi
aoi
ツルハドラッグ(楽天市場)の薬剤師さんから説明を受けた内容です。

 
まず、生理予定日の17日前から検査を開始しまして、1日1回決まった時間帯に検査を行います。
 
 
排卵検査薬の判定が初めて陽性になったときが、まもなく排卵が起こるというサインなのでそこでタイミングをとると良いとのことです。
 
 
陽性の判断は、基準ラインに比べて判定ラインが濃いor同じ濃さのときです。
  
 
一方、陰性の判断は、基準ラインに比べて判定ラインが薄いor何も出ないときです。
 
 
また、1日1回の検査で陽性をうまく確認できない場合は、1日2回検査をおこなうと良いとのことでした。
 

排卵検査薬の使い方や判定のことについて詳しく知りたいという方は、【ロート製薬公式サイト】からご確認いただけます。

 
上記の内容を踏まえて、次の項目で私の排卵日付近の判定結果の変化を見ていきましょう。
 

aoi
aoi
もし排卵検査薬の判定がずっと陰性or陽性になってしまうという方は薬剤師さんに相談するようにしましょう。

 

排卵検査薬ドゥーテストで排卵日を確認してみた【陽性画像あり】


 
最後に、私が実際に排卵日予測検査薬を使用して排卵日を確認した体験談をお伝えして終わりたいと思います。
 

aoi
aoi
排卵検査薬の実物画像が出てきますので、苦手な方はご注意ください。

 
 
生理日管理アプリの予測では生理周期28日・生理予定日2/23(排卵予定日2/8)でしたので、生理予定日17日前の2/6の朝から検査を開始しました。
 
 
正確に陽性を捉えたかったので、1日2回の検査をおこなうようにしました。結果は次のとおりです。
 
 

 
  
検査開始の2/6am6:00から陽性反応が出まして、一番濃く陽性反応が出ている2/7pm20:00がおそらくLH濃度のピークと考えられます。
 
 
2/8pm20:00以降は基準ラインよりも判定ラインが薄くなったので陰性です。
 
 
陰性判定について補足すると、画像の7を見ると基準ラインと判定ラインが同等の濃さにも見えるのですが、検査後15分くらいは判定ラインの方が薄かったのです。
 
 
画像の7については時間が経つにつれて判定ラインが濃くなっていったのですが、説明書に【10分を過ぎての判定は避けてください】と明記されていたので、2/8pm20:00以降は陰性と判断しています。
 
 
以上のような結果から私の排卵日を推測すると…
 
 
LH濃度のピークから10~12時間後に排卵が起こると言われているので、2/7pm20:00が陽性のピークだったことを考えると私の排卵日は2/8のようです。
 
 
実際に2/8の夜には陰性結果になっているので、この日が排卵日と考えて間違いなさそうです。
 

aoi
aoi
アプリの排卵予測日とドンピシャでした

  
以上、私が排卵日検査薬を使用した体験談でした。
 

まとめ


 
最後に、この記事でお伝えしたことについて簡単にまとめます。
 

・排卵検査薬とは正しくは「排卵日予測検査薬」という名前で、尿中のLH(黄体形成ホルモン)の濃度の変化を見て排卵日を事前に予測するもの。

・排卵検査薬は薬剤師のいる店舗かネットで購入することができる(店舗の場合は事前に在庫の確認をした方が良い)。

・排卵検査薬の判定が初めて陽性になったらまもなく排卵が起こるサインとなり、そこでタイミングをとると良い。

・筆者が排卵日予測検査薬(ドゥーテスト)を使用した体験談は本文参照。

 
 
以上です。お読みいただきありがとうございました。