妊娠

妊娠中、体重はいつから増える?実際の体重の変化を公開

プレママさん
プレママさん
妊娠中は太ると聞いたけど、いつから体重が増えるの?体重が増えすぎるとどうなる?実際の体重の変化や、どのような体重管理をおこなえばいいかも教えて!

 
このような疑問にお答えしていきます。
 
 
 この記事の内容

・妊娠中、体重はいつから増える?
・体重が増えすぎるとどうなる?
・私の妊娠中の体重の変化
・私が妊娠中におこなった体重管理の方法

 
 この記事の執筆者

aoi
aoi
この記事を書いているaoiは、働きながら2歳の息子を育てているママブロガーです。自身の妊娠(妊活~出産)・育児の体験談、お役立ち情報などをメインに執筆しています。

 
この記事では、妊娠中の体重の変化などについてお話します。
 
 
私にとって、妊娠中で辛かったことの1つが体重管理です。
 
 
私が通っていた産婦人科は体重管理がすごく厳しかったので、目安の増加量を少しでも超えると、担当医や助産師さんにガッツリ怒られていました。
 
 
私は怒られたくない一心で体重管理をがんばったこともあり、妊娠前から出産までの体重の増加がなんと4.9kgという結果でした。
 
 
今回は私の体験をもとに、妊娠中の体重の増加や、体重管理の重要性についてお伝えできればと思います。
 

aoi
aoi
それではスタートです!

 

妊娠中、体重はいつから増える?


 
まずはじめに、妊娠中にいつから体重が増えるのかお話ししていきます。
 
 
すでに想像はつくかもしれませんが、妊娠中に体重が増え始めるのはつわりが終わって食欲が回復した頃からです。
 
 
私もそうでしたが、つわりから解放されると食欲が爆発してしまいまして、ついつい食べ過ぎてしまいました。
 
 
妊娠すると脂肪がつきやすくなるそうで、妊娠前と同じ感覚で食べているとびっくりするくらい簡単に太ります
 
 
そして、食欲が回復してから約1ヶ月後の妊婦健診で、食べた分が体重にしっかり反映されて、助産師さんに指導(お叱り)を受けるというのが1セットかなと思います…。
 
 
つわり明けの体重の増加に気を付けましょう
 

体重が増えすぎるとどうなる?


 
次に、体重が増えすぎるとどのような影響が出るのかについてお伝えします。
 
 
産婦人科の担当医が体重指導にかなり力を入れている人でして、体重が増えすぎるとハイリスクなお産になりやすいのだとつねづねおっしゃっていました。
 
 
体重が増えすぎると妊娠高血圧症や妊娠糖尿病になる可能性があると言われていますが、妊娠高血圧症は母体や胎児の命が危なくなるリスクがあり、妊娠糖尿病は胎児も高血糖になり巨大児になりやすくなるリスクがあるそうです。
 
 
実際に太り過ぎて分娩が大変だったという話を産婦人科で聞いたので、みなさんにもお伝えします。
 
 
出産予定日を1週間過ぎても陣痛が来ない
 ↓
陣痛促進剤がなかなか効かない(太りすぎると効きづらいそうです)
 ↓
陣痛促進剤を3日間投与してようやく陣痛開始
 ↓
産道に脂肪がつきすぎて赤ちゃんが出てこられない
 ↓
帝王切開に切り替えて4kg超えの赤ちゃん誕生
 
 
内容も壮絶ですが、いったい分娩費用にいくらかかったのかが個人的には気になるところです。結構な高額だと思いますよ。
 
 
この話を妊娠35週頃に聞いて、体重管理をがんばろうとさらに気が引き締まったのをよく覚えています。
 
 
太り過ぎて良いことは1つもありませんので、みなさんも妊娠中の体重管理をぜひがんばってください
 

私の妊娠中の体重の変化


 
つづきまして、妊娠中に私の体重がどのように変化していったかについてご紹介します。
 
 
つわりが終わった妊娠15週からの体重が記録されていたので、妊娠15週から出産までの体重の変化をお伝えします。
 
 
▼表は横にスクロールができます。

妊娠週数 体重 増減値 1週間あたりの増減値
妊娠前 53.0kg
15週1日 53.2kg +0.2kg
18週6日 55.3kg +2.1kg +565g
22週6日 56.1kg +0.8kg +400g
25週6日 56.3kg +0.2kg +67g
27週6日 56.8kg +0.5kg +250g
29週6日 57.0kg +0.2kg +100g
31週6日 57.4kg +0.4kg +200g
33週5日 58.2kg +0.8kg +431g
35週5日 58.2kg
36週5日 59.2kg +1.0kg +1000g
37週5日 57.8kg -1.4kg ‐1400g
38週6日 57.9kg +0.1kg +88g

 

妊娠中の体重増加の理想値は1週間に300~500g程度と言われています。
 
 
ピンクのマーカーがついているところは、体重が1週間に500g以上増えていたり、逆に減りすぎたりしていたところです。
 
 
なぜ体重の増減が激しかったかを簡単に考察していきます。
 

【妊娠18週6日】1週間あたり+565g

妊娠18週6日の体重は、1週間あたりの増減が+565gとなっています。
 
 
なぜ体重が増えすぎたかというと、妊娠15週頃につわりが終わり食欲が回復して食べ過ぎてしまったからです。
 
 
妊娠前の感覚で食べていたら、みるみるうちに体重が増えてしまいました。
 
 
個人差はあると思いますが、妊娠中は自分が思っている以上に体重が増えやすくなっているので、お気を付けください。
 

aoi
aoi
この時期は体重を測っていなかったので、体重が増えすぎていることにも気が付きませんでした。

 

【妊娠36週5日】1週間あたり+1000g

妊娠36週5日の体重は、1週間あたりの増減が+1000gとなっています。
 
 
なぜ体重が増えすぎたかというと、がんこな便秘に悩まされて腸の中に便が蓄積していたからです。
 
 
この時期は体重管理もしっかりおこなっていたので、食べ過ぎということは考えられないので…。
 
 

aoi
aoi
妊娠後期は便秘や痔に悩まされる妊婦さんが多いです。早めに産婦人科に相談して解決するようにしてくださいね。
妊娠中の便秘はいつから?放っておくと痔になります【体験談】   このような疑問にお答えしていきます。      この記事の内容 ・妊娠中の便秘の原因は? ・妊娠中の便秘はいつか...
  

【妊娠37週5日】1週間あたり‐1400g

妊娠37週5日の体重は、1週間あたりの増減が‐1400gとなっています。
 
 
なぜ体重がとても減ったのかというと、1週間前に便秘薬を処方してもらい便秘が解消されたからです。
 
 
びっくりするくらい腸に便が溜まっていたんですね…!
 
 
体重管理をしっかりおこなっているのに体重が増えるという方は、便秘が原因の可能性もありますので、便秘対策もしっかりおこないましょう
 

私が妊娠中におこなった体重管理の方法


  
つづいて、私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法をお伝えします。
 
 
私がおこなっていたことは主に次の7つです。
 
 

①:目標体重を設定する
②:毎日同じ条件で体重を測る
③:1日の食事配分を変える
④:食事の半分を低カロリーのものに変える
⑤:水分をこまめにとる
⑥:便秘を予防する
⑦:ご褒美を設定する

 
1つずつお話ししていきますね。
 

①:目標体重を設定する

私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法1つめは、目標体重を設定することです。
 
 
出産予定日の目標体重を設定し、そこから逆算して健診ごとの目標体重を設定するようにしていました
 
 
ポイントは目標体重を少し厳しめに設定することです。
 
 
妊娠中は自分が思っている以上に体重が増えやすくなっているので、少し厳しめに設定しておくことでちょうど良い体重に仕上がりやすくなります。
 

②:毎日同じ条件で体重を測る

私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法2つめは、毎日同じ条件で体重を測ることです。
 
 
毎日同じ条件で体重を測ることで、正確に体重の増減がわかるようになります
 
 
私の場合は、毎朝の起床後すぐに下着姿で測るようにしていました。
 

③:1日の食事配分を変える

私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法3つめは、1日の食事配分を変えることです。
 
 
私の場合は今まで1日の食事配分を朝1:昼5:夜4にしていましたが、朝4:昼4:夜2の割合に変更しました。
 
 
朝昼をしっかり食べて、日中の活動でカロリーを消費できるように意識していました。
 

④:食事の半分を低カロリーのものに変える

私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法4つめは、食事の半分を低カロリーのものに変えることです。
 
 
例えば、今までお昼に揚げ物を100g食べていたとしたら、揚げ物50g・こんにゃく50gにするなどして、ボリュームは変えずに摂取カロリーを減らすよう気を付けていました
 
 
また、間食したくなったときも低カロリーのものを取り入れるようにしていました
 

aoi
aoi
おやつのおすすめは、おからクッキー、こんにゃくゼリー、ヨーグルトです。よ~く味わって食べるようにしていました(笑)

 

⑤:水分をこまめにとる

私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法5つめは、水分をこまめにとることです。
 
 
私の場合はお腹に水がたまると必要以上にお腹がすかなかったので、空腹感を感じないように水分をこまめにとるようにしていました
 
 
特に炭酸飲料は満腹感が出るのでよく飲んでいました
 

⑥:便秘を予防する

私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法6つめは、便秘を予防することです。
 
 
せっかく食事面で体重管理をがんばっていても、便秘で体重が増えて指導されてしまっては悲しいので、便秘対策にも力を入れていました
 
 
妊娠初期・中期の便秘は生活改善でなんとかなりましたが、妊娠後期の便秘は太刀打ちできず、最終的に便秘薬(酸化マグネシウム)に頼ることになりました。

妊娠中の便秘はいつから?放っておくと痔になります【体験談】   このような疑問にお答えしていきます。      この記事の内容 ・妊娠中の便秘の原因は? ・妊娠中の便秘はいつか...
 

⑦:ご褒美を設定する

私が妊娠中におこなっていた体重管理の方法7つめは、ご褒美を設定することです。
 
 
今までお話ししてきた体重管理をもくもくとこなせる方もいるかもしれませんが、私にはストレスがたまりすぎて無理でした…。
 
 
そのため、私の場合は健診日は今までがんばったご褒美として、大好きな揚げ物やケーキなどを食べても良い日にしていました
 
 
ご褒美があったので体重管理をなんとか耐えることができました。
 

まとめ


 
最後に、この記事でお伝えしたことについて簡単にまとめます。
 

・妊娠中に体重が増え始めるのは、つわりが終わった頃が多い。

・体重が増えすぎるとハイリスクな分娩になる可能性が高い。

・筆者の妊娠中の体重の変化は本文参照。

・筆者が妊娠中におこなっていた体重管理の方法は次の7つ。
 ①:目標体重を設定する
 ②:毎日同じ条件で体重を測る
 ③:1日の食事配分を変える
 ④:食事の半分を低カロリーのものに変える
 ⑤:水分をこまめにとる
 ⑥:便秘を予防する
 ⑦:ご褒美を設定する

 
以上です。お読みいただきありがとうございました。