あさイチのレシピ

【あさイチ】ジャン=ポール・エヴァンさん「トリュフゆず」のつくれぽ

こんばんは。aoiです。
 
 
以前の記事で、ジャン=ポール・エヴァンさんの思い出の味「オリジナル・ショコラショ」を作りました。

【あさイチ】ジャン=ポール・エヴァンさん「オリジナル・ショコラショ」のつくれぽこんばんは。aoiです。     2019年1月29日のNHK「あさイチ」に、かの有名なショコラティエであるジャン=ポール・エヴァ...
 
 
今回は番組内でもう1つ紹介されていた「トリュフゆず」を作ってみました。
 

aoi
aoi
ジャン=ポール・エヴァンさんが番組のために考案したオリジナルレシピです!

 

「トリュフゆず」のレシピ

レシピはNHKオンラインにも掲載されていますが、ここでは番組内でジャン=ポール・エヴァンさんがおっしゃっていたポイントや、使用していた道具についてオリジナルで追加しています。
 

 

材料(14cm×18cmのバット1枚分)


 

・チョコレート(カカオ60%前後) 150g ※番組では64%のものを使用
・生クリーム(乳脂肪分35%前後) 130g
・はちみつ    10g
・無塩バター   10g
・ゆずの果汁   4g
・カカオパウダー 適量

 

道具

・ボウル
・鍋
・泡立て器 ※番組ではゴムベラを使用。
・温度計
・バット
・ラップ
・包丁
・お湯 ※トリュフを切り分ける時に使用。

 

作り方

<<下準備>>
・無塩バターは常温にもどしておく。
・バットにラップを敷いておく。
・チョコレートは刻んでおく。

 
 
  
① 刻んだチョコレートをボウルに入れる。
 

 
 
 
② 鍋に生クリーム、はちみつを入れ、泡立て器で混ぜながら、沸騰直前まで温める。
 

 

 

はちみつを入れることで保存が良くなるとともに、チョコレートの質感も良くなるそうです。

 
 
 
③ 温度が75度に下がるまで、泡立て器で混ぜ続ける。
 

 

このレシピは温度がカギなので、温度は守るようにしてください。

 
 
 
④ ③の生クリームを、①のボウルに加え、泡立て器を使って、全体がツヤツヤになるまでまぜる。
 

 

 

 

 

・中心からゆっくりと丁寧に混ぜる。
・伸びやかな伸縮性のある混ぜ方をすることが大切。
・ダマがあったら湯せんにかけて、混ぜながら溶かす。

 
 
 
⑤ バターを④のボウルに加え、ダマがなくなるまで泡立て器でまぜる。
 

 

 
 
 
⑥ ゆずの果汁を⑤のボウルに加え、泡立て器でまぜる。
 

 

 
 
 
⑦ ラップを敷いたバットにチョコレートを流す。
 

 

 

チョコレートの厚さが均一になるようにゴムベラで四隅によせる。

 
 
 
⑧ ⑦のバットの表面にラップをはり、冷蔵庫で1日以上置く。

ガナッシュの表面にラップをすることで乾燥を防ぎます。

 
 
 
⑨ 冷蔵庫で1日置いたものがこちら。
 

 
 
 
⑩ ラップを外し、カカオパウダーをふる。
 

 

 
 
 
⑪ ラップごと裏返し、裏面もカカオパウダーをふる。
 

 
 

aoi
aoi
カカオパウダーをふった後の写真を撮り忘れたので写真は割愛します。

 
 
⑫ 1.5cm×3cmの長方形に切り分ける。

aoi
aoi
私はテキトーに切りました…(笑)

 

・お湯で温めた包丁を使うと切りやすい。
・こまめに包丁を拭きながら切り分ける。

 
 
 
⑬ さらに全体にカカオパウダーをまぶす。

aoi
aoi
全体にカカオパウダーをまぶしているときの写真を撮り忘れました。カカオパウダーを入れたタッパーの中でトリュフをコロコロしてまぶしました

 
 
 
⑭ お皿にきれいに並べて、出来上がり。


 

試食タイム

口に入れて噛んだ途端にゆずの香りが広がります。
 
 
口当たりはとてもなめらかで濃厚、はちみつを入れたからかしっとり感も出ています。
 
 
エヴァンさん曰く、ゆずはお花の香りがするので、チョコレートにゆずを加えるとエレガントな味わいになるそうです。
 
 
ちなみに私が今回使ったチョコレートはカカオ56%ですが、思いのほか甘かったので65%くらいがちょうど良いかもしれません。
 

まとめ

以上、ジャン=ポール・エヴァンさんの「トリュフゆず」についてでした。
 

aoi
aoi
チョコレートがお好きな方は、お時間があるときにぜひ作ってみてくださいね。

 
 
お読みいただきありがとうございました。